★★★ ミシュラン・グリーンガイド・ジャポンで三つ星評価

Event Information

後楽園で開催しているイベント情報

イベントカレンダー

  • H30早朝開園画像.jpg

    本日開催中

    早朝開園

    2018年09月01日(土)~
    2018年11月30日(金)

    詳細を見る

  • DSCF3367.JPG

    岡山県後楽園菊花大会

    2018年10月21日(日)~
    2018年11月11日(日)

    詳細を見る

  • 1月「新春恋ダンス」河口毅.jpg

    タンチョウの園内散策

    2018年10月21日(日)

    詳細を見る

  • 延養亭.JPG

    秋の「延養亭」特別公開

    2018年10月22日(月)~
    2018年10月28日(日)

    詳細を見る

  • 栄唱.JPG

    「能舞台」「栄唱の間」公開見学

    2018年10月22日(月)~
    2018年10月23日(火)

    詳細を見る

  • IMG_0162.JPG

    投扇興体験会(壺扇会)

    2018年10月25日(木)

    詳細を見る

  • 投壺.jpg

    《参加者募集!!》投壺競技大会

    2018年10月25日(木)

    詳細を見る

  • 栄唱.JPG

    「能舞台」「栄唱の間」公開見学

    2018年10月25日(木)~
    2018年10月26日(金)

    詳細を見る

PREV NEXT

News & Topics

季節の花情報・園内情報はこちら

  • 2018.10.06

    花だより・庭めぐり

    花だより『秋の深まりが感じられます。』10月6日

     朝夕ひんやりと散策にはうってつけの季節となりました。モミジが徐々に色付き、秋が少しずつ深まっていくのを感じます。

     これからの時季、いちばんの見どころは、千入(ちしお)の森と名付けられた楓林。「千入」とは「何度も染め上げる」という意味で、日増しに紅葉の色合いが濃くなっていくこの時季、その名前にふさわしい情景が見られます。

     また、園内を散策しているとどこからともなく金木犀(きんもくせい)の香りが漂い、野鳥の声もにぎやかになってきました。色付くもの、実のなるもの、香るもの、唄うものなど五感で楽しめる秋本番です。

     

    ◎紅葉状況

    ●楓(かえで)/Maple

    【現在の状況】色付き始め

    【場   所】千入の森、中の島、花葉の池等

    【見頃の時季】11月中旬から

     日の当たり具合や寒暖差など条件の違いによって色付き具合が異なり、夏の暑さを乗り切った楓たちがこれから色付きを濃くしていきます。

     現在は緑、黄、橙のグラデーションを楽しむことができます。

    01.JPG

    02.JPG

    03.JPG

    04.JPG


    ●金木犀(きんもくせい)/Osmanthus fragrans var. aurantiacus

    【現在の状況】開花中

    【場   所】鶴舎付近、新殿付近、二色が岡など

    【開 花 期】10月上旬頃まで

     原種となる銀木犀(ぎんもくせい)が白い花をつけるのに対して、黄金色の花を咲かせることからその名前が付いたと言われています。

    また、名前に使われている""は、動物のサイのことで、樹皮の模様がサイの皮に似ていることに由来するそうです。

     花だけでなく幹肌にもご注目ください。

    05.JPG

    06.JPG



     ◎園内を彩る草花

    ●藪蘭(やぶらん)/Liriope muscari

    【現在の状況】開花中

    【場   所】馬場、御舟入付近

    07.JPG

    08.JPG

     

     

    小紫(こむらさき) Callicarpa dichotoma

    【現在の状況】実の色付き

    【場   所】沢の池北側、島茶屋

    09.JPG

    10.JPG

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    01.JPG

  • 2018.08.14

    お知らせ

    『タンチョウの園内散策』をお楽しみください。(9月~2月)

    園内で飼育しているタンチョウを園内に放す"タンチョウの園内散策"

     

     後楽園では、江戸時代からタンチョウをはじめとする様々な鶴を飼育しており、「瑞鳥」として大切にされてきました。

     終戦後一時途絶えましたが、昭和30年、岡山の旧制第六高等学校で学んだことのある中国科学院院長の郭沫若(かくまつじゃく)氏からタンチョウ2羽が後楽園に贈られました。

     今では、岡山県は全国一のタンチョウ飼育県となりました。

                            (平成30年7月現在62羽)

      タンチョウの園内散策は、従前より毎年元日に行っているほか、平成24年からは秋の観光シーズン等にも実施するようになりました。

     

    後楽園のタンチョウについては、詳しくはこちらをご覧ください。

    http://www.okayama-korakuen.jp/info/crane/

     

    表紙「大空を舞う」馬場琢.jpg

    070.JPG


    1月「新春恋ダンス」河口毅.jpg


    後楽園では8羽のタンチョウを飼育しています。

    普段はケージの中にいますが、下記の日程だけは、ケージから出して園内を散策させます。タンチョウの優美な姿をお楽しみ下さい。

     

    【実施日時】

     平成30年・・・

    9月16日(日)・30日()      9:00~10:00

    ※9月30日(日)は、台風の接近による暴風、大雨等が予想されるため、中止いたします。

    10月8日(月・祝)・21日(日) 10:00~11:00

    11月4日(日)          10:00~11:00

    12月9日(日)・16日(日)   10:00~11:00

     

     平成31年・・・

    1月1日(火・祝)・3日(木)    11:00~14:00

    2月3日(日)・10日(日)        10:00~11:00


     

    【場 所】

     園内芝生及び、沢の池周辺

     

    ※ 当日は、園内の園路を一部通行規制させていただく場合があります。

      ご協力をお願いいたします。

    ※ 小雨決行ですが、荒天の場合は中止いたします。

      中止の決定は当日朝に行います。当ホームページでお知らせします。

     

    表紙「大空を舞う」馬場琢.jpg

  • 2018.09.25

    お知らせ

    《参加者募集‼》能楽ワークショップ(11月17日・24日)

    岡山後楽園では、江戸時代に造られた能舞台が戦災による焼失を経て、昭和331958)年に復元されてから今年で60周年になるのを記念して、次のとおり、ワークショップを開催いたします。

    未経験の方でも参加可能で、能や狂言を自ら体験しながらその魅力を実感していただく内容です。

    詳しくは、こちらのチラシをご覧ください。ワークショップ・チラシ.pdf

    能舞台復元60周年について、詳しくはこちらをご覧ください。

    http://www.okayama-korakuen.jp/2018/05/post-1512.html




    ◎ワークショップ・チラシ.jpg


    ○能の部 

    【日 時】平成30年11月24日(土)13:30~15:30    

    【講 師】 大島おおしまきぬ氏(喜多流能楽師)


    ○狂言の部

    【日 時】 平成30年11月17日(土)13:30~15:30

    【講 師】   田賀屋たがやはや氏(大蔵流狂言師)

    ※能、狂言いずれか一方のみの参加も可能。    



    場 所】  岡山後楽園 能舞台ほか(岡山市北区後楽園1-5)

    【参加資格】 能楽に興味のある小学生以上の方

    【定 員】 能、狂言、各25名(予定)。

    【参加費 無料(後楽園の入園料が必要)


    【申込方法等

      ※申込用紙、はがき等は、参加者1人ごとに1枚としてください。

     ○郵便またはファクシミリによる申込み

    ・次の事項を明記し、「はがき」又はファクシミリで送付(送信)。

    ①参加希望のワークショップ名

     (「能」、「狂言」、「両方」のいずれか)

    ②参加希望者の氏名・ふりがな・性別(任意)・年齢

    ③連絡先(郵便番号・住所・電話番号)


    ○参加希望者が中学生以下の場合は、下記の3点と追記してください。

    ・保護者の連絡先

    保護者氏名・ふりがな、

    ・参加希望者の学年(例:「中学2年生」。学校名は不要。)


    ◆宛て先:703-8257 岡山市北区後楽園1-5 

      岡山後楽園「能楽ワークショップ」係

    (ファクシミリ番号)086-272-1147

     

     

     ○インターネットによる申し込み

    ・岡山県・市町村電子申請サービスから申込み。

    https://s-kantan.jp/pref-okayama-u/offer/offerList_detail.action?tempSeq=11764


    ※電子メールによるお申込みは受け付けできませんので、ご了承ください。


    【申込締切】10月25日()(必着)


    【参加者の決定】

      申込者が多数の場合は、抽選により参加者を決定します

       別途、抽選結果等を10月中にお知らせいたします。

       ・郵便またはファクシミリでお申し込みの方・・・はがき

       ・電子申請サービスでお申込みの方・・・電子メール

    .

    【その他】 

    ・参加者が中学生以下の場合は、保護者(2名様まで)の見学又は付き添いが可能です。保護者については、申込み不要です。ただし、保護者が自らワークショップに参加する場合は、事前申込が必要です。


    ・参加者及び付き添いの方(能舞台に上がる必要がある場合)は、ワークショップ当日、木綿の足袋をお持ちください。足袋を着用しなければ、能舞台に上がることはできません。

    ◎ワークショップ・チラシ.jpg

  • 2018.09.25

    お知らせ

    《参加者募集‼》秋の「延養亭」特別公開(10月22日~28日、11月2日~4日)


    後楽園の最も重要な建物で、普段は非公開となっている延養亭を特別に公開し、ガイドの解説で、室内と隣接する茶室「臨漪軒」を見学していただきます。

    かつて藩主の居間として使われていた「延養亭」。
    後楽園は、延養亭の座敷から眺める景色が最も美しいと言われています。
    美しい絵画のような庭園の眺めを、ぜひ、お殿様気分でお楽しみ下さい。



    【開催期間】 平成30年10月22日(月)~28日(日)
                   11月 2日(金)~ 4日(日)

    【時間】
     〔平日〕
      ①午前9時30分~  ②午前10時20分~  ③午前11時10分~
      ④午後1時~      ⑤午後1時50分~   ⑥午後2時40分~
       〔土曜・日曜〕
      上記時間に、⑦午後3時30分を追加します。
      ※各回とも25分程度


    【参加料】
     200円(別途後楽園の入園料が必要です)

    【定員】
     各回とも15人(先着順。定員に達し次第締め切ります。)

    【参加方法】
     〔事前予約〕 
      参加希望日の前日までに、お電話でお申し込みください。
       ・受付時間:午前9時~午後5時
     
     〔当日受付〕
      ご予約の方が優先ですが、空席があれば受付します。
      2種類の方法で承ります。
       ・各回開始時間の5分前の入場時に、会場前にて受付
       ・各回開始時間の5分前までに、当日専用電話(090-7893-6467)にて受付


    【お問い合せ・お申し込み】
     岡山後楽園 電話:086-272-1148


    延養亭
    延養亭.JPG
    延養亭から見た庭園
    P5305179.JPG
    臨漪軒の天井には龍の画が
    臨い軒龍の絵3.JPG

    延養亭.JPG

  • 2018.02.18

    お知らせ

    《前売券販売中!!》後楽能 平成30年11月3日(土・祝)



    江戸時代の趣を今に伝える後楽園の能舞台での能楽鑑賞会です。
    今年は、新作能『鶴』を上演します!!

    詳細はこちらのチラシをご覧ください。
    H30後楽能チラシ.pdf




    毎年、観世流と喜多流が交互に開催しており、今年は喜多流です。


    【開催日】
     平成30年11月3日(土・祝) 11時30分開場/12時開演 (16時終了予定)
     
    【会場】
     園内能舞台

    【番組】
    舞囃子 『高砂』 
    狂言 『末広かり』
    新作能 『鶴』  等

    【鑑賞料】 ※前売り券のみ岡山後楽園入園券が付いています。
    一般券 4,000円
    学生券 2,000円
    ※当日券500円増

    【注意事項】
    ・全席自由です。
    ・車いすを使用される方は、あらかじめ主催者にお申し出ください。
    ・場内でのビデオ・写真撮影及び録音等は固くお断りいたします。


    【主催】
     岡山県、岡山能楽会

       

    【お問い合せ】

     岡山後楽園 ℡ 086-272-1148

     岡山能楽会(大島) ℡ 084-923-2633


    【チケット販売】

    岡山後楽園入園券売場(正門)...℡ 086-272-1148

    天満屋バスステーションチケットセンター...℡ 086-231-7679

    ぎんざやプレイガイド...℡ 086-222-3244

    喜多流大島能楽堂...℡ 084-923-2633


    H30後楽能画像.jpg



    能舞台.jpg


    《後楽能 事前講座のお知らせ》

    【日時】平成30年10月20日(土) 14時~15時30分

    【場所】天神山文化プラザ 第1会議室

        岡山市北区天神町8-54

    【料金】500円

        ※岡山能楽振興会賛助会員・後楽能チケットをお持ちの方は無料

    【講師】大島衣恵 八木原周平

    【お申込み】岡山能楽会(大島)

          ℡・FAX  084-923-2633

          メール  osimano@orange.ocn.ne.jp






           

    H30後楽能画像.jpg

  • 2018.05.31

    お知らせ

    後楽園能舞台の復元60周年を記念して多彩な催しを実施します!!

     岡山後楽園の能舞台は、後楽園が一応の完成をみた後の宝永4(1707)年に完成し、享保191734)年の改築を経て、明治維新後、昭和に至るまで岡山の文化の中心として、200年以上にわたって能や狂言の上演に用いられてきました。

    昭和201945)年、戦災で焼失しましたが、昭和321957)年5月に復元工事が始まり、翌、昭和331958)年5月に竣工、6月8日にこけら落としの祝賀能が行われました。

    復元された能舞台は、現在も能や狂言を中心とした芸術公演に活用されています。

    今年は、この復元から60周年の還暦の年に当たることから、このタイミングをとらえ、能舞台で演じられる能・狂言への関心を高めるとともに、舞台の沿革や特殊性・希少性をアピールする事業を実施し、300年の歴史を誇る大名庭園としての後楽園の魅力を発信していきます。


    能舞台.jpg

     

    ※記念事業一覧(PDF)は、こちらをご覧ください。岡山後楽園能舞台復元60周年記念事業一覧 -.pdf

    ※能楽ワークショップについては、こちらをご覧ください。◎ワークショップ・チラシ.pdf

    能舞台.jpg

もっと見る

岡山後楽園からのお知らせ