岡山後楽園公式サイト 特別名勝 岡山後楽園

YouTube 後楽園チャンネル

花だより・庭めぐり

冬景色に咲く花々


冬景色に咲く花々

今年は季節外れの暖かさが続いていましたが、二十四節気の大雪(たいせつ)の候を迎え本格的な冬の訪れとなりました。
寒椿、椿が、山茶花がそれぞれ可憐な花を咲かせ、冬を迎えた園内に彩りを添えています。

寒椿(かんつばき)/Camellia sasanqua 'Kantsubaki'
【現在の状況】見 頃
【場   所】慈眼堂付近、花葉の池南側、弓場周辺など
【花   期】11月上旬~2月下旬

慈眼堂など園内各所で薄紅色で八重咲きの花が見頃を迎えています。
立寒椿(たちかんつばき)と呼ばれる背丈の高くなる品種の寒椿が、花葉の池南側で見られます。花付きが良く、冬枯れの園内で鮮やかな花色が来園者の目を楽しませてくれます。
"椿"の名前を冠していますが、分類的には山茶花の仲間となります。

001.JPG
002.JPG
003.JPG
山茶花(さざんか)/Camellia sasanqua
【現在の状況】開花中
【場   所】観射亭、由加神社、新殿など
【花   期】10月下旬~1月下旬

花の少なくなる晩秋から咲き始め、長い期間楽しむことができます。
中国で椿類一般を指す呼び名の"山茶"に由来すると言われ、"山茶花"の本来の読みである"サンサカ"が訛ったものと言われています。

004.JPG
005.JPG
006.JPG
椿(つばき)/Camellia japonica
【現在の状況】開花中
【場   所】椿園、花葉の池東側など
【花   期】12月上旬~4月下旬
椿の花は万葉の頃より親しまれて、多くの園芸種が作り出されてきました。
園内では、弓場にある椿園や、花葉の池東側などで開花しています。
"ツバキ"の名前の由来は、厚葉樹(あつばき)、または艶葉樹(つやばき)が訛ったものと言われています。

007.JPG
008.JPG
009.JPG
010.JPG
~鮮やかな実をつけた樹木~

黒鉄黐(くろがねもち)/Ilex rotunda
【場   所】鶴鳴館前、八つ橋付近

名前の由来は、葉柄と幼枝が紫黒色を帯びること、または、葉が乾くと黒金(くろがね)色になるモチノキからクロガネモチとなったと言われています。
また、岡山などでは「アクラ」と呼ばれ、岡山市の"市木"として親しまれ、庭木や街路樹としてよく植えられています。

011.JPG
012.JPG


◎トラックバックURLhttp://www.okayama-korakuen.jp/mt/mt-tb.cgi/2028


New Entries

Categories

Archives


岡山後楽園
〒703-8257 岡山市北区後楽園1-5
TEL:086-272-1148 FAX:086-272-1147

お問い合わせ